事業

【HASMとは】

私たちは、開港以来80年の歴史を有し民間航空発祥の地である羽田に航空宇宙科学館をつくることを目的に、1987年(昭和62年)発足の「ジェット旅客機(JA8001富士号)保存世話人会」を母体とした航空関係者や航空ファンを会員とする団体で、2010年(平成22年)からはNPO法人として科学館設立の推進運動を進めて参りました。
私たちの活動は、日本が誇る国産旅客機YS-11量産第一号機(国立科学博物館所有)への支援や、羽田や航空に関する様々な記事を掲載する会報「羽田の青い空」の年4回編集発行、子供から大人まで幅広い世代に航空機の魅力を伝える「電動Uコン機」の製作と出前展示、羽田をテーマとした新旧写真を収集・展示する「私の羽田アルバム」プロジェクト、実際の機体や航空関連資料を収集し保管展示するプロジェクなど、バーチャル・ミュージアムを含め科学館設立のため多角的なアプローチを行っています。
どうぞ、私たちの活動へのご理解とご支援をよろしくお願いします。
そして、羽田に博物館を一緒につくりましょう!!
taka_20110922 251 のコピー