沿革

1987年

7月

  • ジェット旅客機(JA8001富士号)保存世話人会発足。同年10月陳情書、名を橋本運輸大臣宛に提出

keii-141-190x100

 

1988年

7月

  • JA8001富士号保存運動の有志、航空関係者、ジャーナリストらにより「羽田航空宇宙科学館設立準備会」(会長 斎藤茂太)を結成し、博物館 の設立へ向けて、著名陳情・講演会・構想の検討などの活動を展開

 

1989年

3月

  • 機関誌「羽田の青い空」発行

 

1994年

4月

  • 「羽田航空宇宙科学館推進会議」(会長 斎藤茂太)と名称を変更「科学館計画」を発表

 

1996年

4月

  • 「羽田航空宇宙科学館展示基本構想」を発表。
  • 産業技術資料館の設立を検討中の(社)日本航空宇宙工業会と協議し活動

6月

  • 内閣総理大臣・東京都知事などに陳情。(社)日本航空宇宙工業会と共に46万名の著名を添え、「羽田航空宇宙科学館(仮称)設立に関わる陳情書」を提出

 

1998年

  • 全国各地に支部を設立。YS-11量産1号機(JA8610)の保存運動を展開

ys-11-5011-190x100

 

  • ホームページの開設
  • ヴァ-チャル・ミュージアム設立開始

 

2000年

  • 国際航空宇宙展に初参加

 

2001年

  • 経済情勢並びに社会情勢の変化により、活動が長期的なものになるのを受け、活動方法の変更を採択。新体制による活動方針を採択し運動を再開

 

2002年

9月

  • 「航空再開50周年」記念行事に参加、羽田空港で第一回「ミニ羽田航空宇宙科学館」(テーマ:“羽田の空を翔けた名機たち”)を開催、同時に地元大田区の子供達を対象にヘリコプターによる「大空の散歩」を実施

keii-1811-190x100 keii-73-190x100

 

2003年

9月

  • 第二回「ミニ羽田航空宇宙科学館」(テーマ:“国産旅客機YS-11“)を開催、大田区の諸団体との交流を開始

 

2004年

9月

  • 第三回「ミニ羽田航空宇宙科学館」(テーマ“神風号とその時代)を開催

10月

  • 国際航空宇宙展にベル47型ヘリコプターを展示

keii-121-190x100

 

2005年

9月

  • 第四回「ミニ羽田航空宇宙科学館」(テーマ:“飛行艇の活躍再びその歴史と技術”)を開催

keii-101-190x100

 

2006年

7月

  • 羽田跡地利用推進会議と共に市民シンポジウム「羽田から新しい街づくりを考える」を開催

keii-151-190x100

 

9月

  • 第五回「ミニ羽田航空宇宙科学館」(テーマ:“短距離離着陸実験機「飛鳥」とその技術”)を開催

keii-82-190x100

 

10月

  • 「YS-11路線引退記念シンポジウム」(国立科学博物館主催)に参加

keii-171-190x100

 

11月

  • 初代会長、後の名誉会長であった斎藤茂太氏の逝去

12月

  • YS-11(JA 8709 航空局飛行検査機、元ブラジルの民間航空で活躍)の退役に伴いブラジルへの返還プロジェクトは諸般の事情で断念

 

2007年

3月

  • 「羽田の青い空」故斎藤茂太名誉会長 追悼臨時増刊号発行

9月

  • 第六回「ミニ羽田航空宇宙科学館」(テーマ:“「ニッポン」号とその時代”)を開催

keii-19-190x100

 

10月

  • 「羽田航空宇宙科学館 基本展示構想」を見直し、改訂版を作成

11月

  • 「羽田空港移転問題協議会」(国・都・大田・品川区)、略称「三者協」の「羽田空港跡地利用基本計画」(素案)に対するパブリック・コメントを提出

12月

  • 松原忠義 大田区長並びに秋山 副区長と面談、要望書を提出、大田区議会に対し「羽田航空宇宙科学館(仮称)の設立に関する陳情書」を提出、受理(羽田空港対策特別委員会で継続審議)

 

2008年

1月

  • 東京都議会に対し「羽田航空宇宙科学館(仮称)の設立に関する陳情書」を提出、受理(都市整備委員会にて継続審議)

9月

  • 第七回「ミニ羽田航空宇宙科学館」(テーマ:“日本のヘリコプター時代をつくりあげた名機、ベル47”)を開催

keii-21-190x100

 

  • 大田区は「羽田空港跡地利用OTA基本プラン」(素案)を発表、「航空産業博物館」を施設例として採用。当素案に対するパブリック・コメントを提出

10月

  • 「2008年 国際航空宇宙展」(横浜パシフィコ)に河口湖飛行舘のご協力により、中島「栄」12型エンジン(零戦搭載)を展示

keii-51-190x100

 

2009年

1月

  • 大田区の「羽田空港跡地利用OTA基本プラン」に関し、関係企業・団体など46社に協力依頼書を発送

2月

  • 大田区文化の森運営議会主催の「2009 文化の森フェスタ」に参加・展示

6月

  • 横浜磯子区「杉田劇場」で開催された「飛行艇シンポジウム」(主催: 葛城 峻氏)に協力・参加

9月

  • 東京都議会において継続審議中の陳情は議員任期満了に伴い廃案となった為、再陳情を実施
  • 東京都知事に対しても陳情書を提出・受理
  • 第八回「ミニ羽田航空宇宙科館」(テーマ:“ジェットエンジンの譜系初代から現代へ“)を開催

keii-61-190x100

 

  • 「羽田の青い空」創刊20周年記念特別号を発行
  • 法人化への検討を開始

 

2010年

4月

  • 第22回総会において「特定非営利活動法人」への組織替えを決定、設立総会を 開催、直ちに東京都へ設立認証申請書を提出

8月

  • 国立科学博物館所蔵のYS-11(JA8610)初の一般公開が羽田空港内で行なわれ、説明員・誘導係りとして2日間にわたりボランテイア参加

keii-111-190x100

 

  • 東京都より「特定非営利活動法人 認証決定通知」を受領、直ちに法人設立登記を行い、「特定非営利活動法人 羽田航空宇宙科学館推進会議」と組織変更
  • 羽田空港移転問題協議会(三者協)は「羽田空港跡地まちづくり推進計画」(素案)を発表、そのパブリック・コメントを提出

10月

  • 日本の航空100年にちなみ、国立科学博物館は特別展「空と宇宙 飛べ!100年の夢」 を開催、同館のご好意により、HASMは「羽田空港80年の歴史―羽田空港に航空宇宙科学館設立を願ってー」をテーマに展示・参加(会期2010.10.26~2011.2.6)

keii-131-190x100

 11月

  • 国立科学博物館のYS-11(JA 8610)の3回目の一般公開に際し、2日間にわたり説明員、誘導係りとしてボランテイア参加

12月

  • 代々木公園「日本航空発始之地」にて開催された「航空100年記念式典」に参加
  • 国立科学博物館が主催する「航空100周年記念シンポジウム」にパネラーとして参加

 

2011年

4月

  • 「東日本大震災」被災者へ義援金 約35万円(会員有志43名による)を日本赤十字社を介し寄附

10月

  • 羽田空港「空の日 フェステイバル 2011」に国立科学博物館、航空諸団体と共に、初公開された旧整備場地区内のT-101格納庫にて展示・参加

keii-91-190x100

 

2012年

9月

  • 羽田空港「空の日 フェステイバル 2012」に国立科学博物館、航空諸団体と共に、昨年と同様に旧整備場地区内のT-101格納庫にて展示・参加

2012YS-11

10月

  • 愛知県で開催された、日本航空宇宙工業会が主催する国際航空宇宙展に、ヘリコプター歴史保存協会と共同で、ヘリコプター(川崎ヒューズ500)をセントレアの会場に出展・参加

国際航空宇宙展H500

 

2013年

9月

  • 羽田空港「空の日 フェスティバル 2013」で、旧整備地区のT-101格納庫で公開された国立科学博物館所有のYS-11(JA8610量産初号機)の公開に説明員としてボランティア参加するとともに、ヘリコプター歴史保存協会と共同でヘリコプター(川崎ヒューズ500)を展示・参加

2013YS-112013H500

 

 2014年

9月

  • 毎年恒例の羽田空港「空の日 フェスティバル 2014」に、東京空港事務所および国立科学博物館のご厚意により、パネル展示、ヘリコプター操縦席への搭乗、電動Uコンを展示・参加

2014H5002014電動Uコン

 

2015年

5月

  • 第5回 NPO法人羽田航空宇宙科学館推進会議総会を開催。総会に引き続き、「東京おもちゃ美術館」の多田千尋館長による講演会『NPOによるミュージアム実現への道』を一般に公開して開催

RIMG0024RIMG0034

9月

  • 羽田空港空の日フェスティバル2015に参加し、空港第一ターミナルビル2階フェスティバルコートで「電動ヒコーキ・フライト体験会」を開催

RIMG0013RIMG0015

  • しながわ中央公園内グラウンドで開催された「ホッケーフェスタ」で、羽田空港広報連絡会および国土交通省東京航空局東京空港事務所と協力して、「電動ヒコーキ・フライト体験会」を開催

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

10月

  • 天空橋駅隣接エリア・旧整備場地区会場で開催された、国際都市おおたフェスティバルin「空の日」羽田で、国立科学博物館の支援によりHASMバーチャル・ミュージアム企画『私の羽田アルバム』を展示

IMG_20151003_104554IMG_20151003_153727

  • さいたまSSF(スカイスポーツフェスタ)2015に参加。当初はテントを1張借り、「羽田アルバム」を展示を予定したが、強風のためパネル展示は断念し、HASMのビラを配布

2016年

5月

  • 大田区の平和島公園で開催された「大田区子どもガーデンパーティー」に、大田区青少年対策地区委員会平和島会場実行委員会と協力して参加し、電動Uコン機による「電動ヒコーキフライト体験」を実施

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  • 第6回 NPO法人羽田航空宇宙科学館推進会議総会を開催。総会に引き続き、映画『永遠の〇(ゼロ)』でもロケ地となった「筑波海軍航空隊記念館」(茨城県笠間市)を設立、運営している筑波海軍航空隊プロジェクト実行委員会の金澤大介事務局長によつ講演会を一般に公開して開催

記念講演会1○

7月

  • 大田区立大森第4小学校で「子ども紙ヒコーキ教室」を実施

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

8月

  • 東京国際空港開港85周年記念『私の羽田アルバム展』を、東京交通会館地下・シルバーサロンB(有楽町駅前)で開催

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA