ニュース

Posted on 2020-05-29
【令和2年5月29日(金)】ブルーインパルス東京飛行

令和2(2020)年5月29日、新型コロナウイルスに対応する医療従事者などに敬意と感謝を示すために、航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」が、2014年5月30日以来、6年ぶりに東京上空を飛行しました。
HASM創設者である齋藤茂太先生のご子息にして、当会顧問の齋藤章二先生が塗装をデザインされた「ブルーインパルス」が、コロナ禍で閉塞状況だった東京に大きな希望をもたらしたことを私たちも誇らしく思います。
今回の飛行は入間基地を離陸後、板橋上空を通過して亀戸で北東に、葛飾上空でUターンして、浅草、東京駅、五反田などを飛行し、丸子橋付近で北へターン。渋谷、新宿上空などを経て板橋に戻るというコースを2周しました。
このルートは、現在もコロナ医療に対応している都立駒込病院、都立墨東病院、都立荏原病院、そして自衛隊中央病院の上空を通過するよう設定されたもので、多くの医療関係者へのエールとなったことでしょう。

Related Posts

 

Comment





Comment



CAPTCHA