お知らせ / ニュース

Posted on 2019-11-07
「あのときの、羽田」~羽田地域の歴史・文化を工事用仮囲いへ壁面展示~

私たちHASMが写真提供などで大田区と協力している「あのときの、羽田」展示の報告です。

大田区は、羽田空港跡地第1ゾーンの開発について、「羽田空港跡地まちづくり推進計画」(平成22年10月、国、都、地元区)及び「羽田空港跡地第1ゾーン整備方針」(平成27年7月、大田区)に基づき、検討を進めてまいりました。
平成29年5月には羽田空港跡地第1ゾーンにおける第一期事業地の事業予定者を決定するとともに、同年、独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)が事業主体となって基盤整備工事を進めています。
この羽田空港跡地の新しいまちづくりへの理解を深めていただくため、「あのときの、羽田」と題し、地域の皆様のご協力をいただき、昔の羽田の歴史・文化・生活などを、基盤整備に伴う工事用の仮囲いに展示しました。
この展示を通じて地域の皆様をはじめ来訪された方々に、羽田の歴史への敬意と輝かしい未来、2020年概成予定の新しいまちへの親しみ・期待感を持っていただけることを目指しています。

第7回の展示テーマは、「羽田空港」です。
羽田空港は、昭和6年、後の羽田江戸見町の土地に東京飛行場として開港することから始まりました。その後、昭和27年の東京国際空港への改称、高度経済成長に伴う航空需要や騒音問題への対応として沖合拡張を行うなど、時代の要請に合わせてその形やありようを変えてきました。いつも羽田地域とともにあった、様々な羽田空港のシーンを展示しています。なお、工事用仮囲いを使った壁面展示は、本テーマをもって最後となります。
展示物は見やすい大きなサイズ(1300㎜×2000㎜)にしておりますので、是非現地にてご覧ください。
●展示テーマ(最終)
「羽田空港」
●展示期間
令和元年11月上旬から令和2年3月上旬(予定)
●展示場所
天空橋駅から環状8号線に向かう歩道沿い約50m
・京浜急行空港線「天空橋駅」からお越しになる方(徒歩1分)
改札口を出てすぐ右側のエスカレーターで上り、環状8号線に向け直進
・東京モノレール「天空橋駅」からお越しになる方(徒歩1分)
改札口を出た後、仮囲い沿いに右折

どうぞよろしくお願いします!!

Related Posts

 

Comment





Comment



CAPTCHA