私の羽田アルバム

Posted on 2016-09-24
私の羽田アルバム

「私の羽田アルバム」は、羽田航空博物館プロジェクト(HASM)のバーチャルミュージアム企画の一環として、会員および一般の方々から羽田空港に関する写真を集め、その時代の羽田空港の様子や羽田空港と社会との関わりを分かり易く展示することを目的としています。たくさんの方々から写真を提供して頂いていますが、まだ不十分であり、さらに充実させるためにも、これからも皆さまからの写真の提供をよろしくお願い致します。

 

戦前(1945年まで)
・1931年(昭和6年):羽田に東京飛行場開設
・1937年(昭和12年):朝日新聞社の亜欧連絡機「神風」号の命名・出発式  航研機、東京飛行場で初飛行
・1939年(昭和14年):毎日新聞社の「ニッポン」号が東京飛行場を出発、世界一周飛行に成功

終戦からターミナルビル完成まで(1945年~1955年)

・1945年(昭和20年):日本は航空活動(作る、持つ、飛ばす)を禁止される。羽田空港が進駐軍により接収、ハネダ・エアベースとなる
・1951年(昭和26年):航空再開。日本航空㈱設立、国内線運航開始(ノースウエスト航空に委託)
・1952年(昭和27年):ハネダ・エアベースの接収解除、東京国際空港となる。日本航空㈱DC-4で自主運航開始。極東航空㈱、日本ヘリコプター輸送㈱設立
・1953年(昭和28年):極東航空㈱と日本ヘリコプター輸送㈱が合併して、全日本空輸㈱誕生
・1954年(昭和29年):日本航空㈱、国際線運航開始
・1955年(昭和30年):東京国際空港ターミナルビル完成

ジェット化以前(1955年~1960年頃)

・1958年(昭和33年):東京国際空港が全面返還

ジェット機就航から東京オリンピック(1960年~1964年頃)

・1960年(昭和35年):ダグラスDC-8就航
・1961年(昭和36年):バイカウント、フレンドシップ就航
・1962年(昭和37年):YS-11初飛行、東京国際空港で完成披露と公開試験飛行を実施
・1964年(昭和39年):ボーイングB727就航  東京オリンピック開催

国産機YS-11運航開始(1964年~1970年頃)

・1965年(昭和41年):YS-11就航

ジャンボ機就航(1970年~1978年頃)

・1970年(昭和45年):ジャンボ機就航、大阪万博開催

新東京国際空港開港(1978年~1993年頃)

・1978年(昭和53年):成田に新東京国際空港開港
・1988年(昭和63年):新A滑走路供用開始

沖合展開以降(1993年~)

・1993年(平成5年):第1旅客ターミナル供用開始
・1997年(平成9年):新C滑走路供用開始
・2000年(平成12年):新B滑走路供用開始
・2004年(平成16年):第2旅客ターミナル供用開始
・2010年(平成22年):新国際線旅客ターミナル供用開始、D滑走路供用開始

その他(未整理の写真など)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts

 

Comment





Comment