ニュース

Posted on 2015-01-17
羽田ミニニュース ★ルフトハンザ、羽田発全便に新クラス導入

ルフトハンザドイツ航空は、2014年11月から長距離路線に順次新しいクラス「プレミアムエコノミークラス」の導入を進めており、このほど日本路線では羽田発全便の新クラス提供が開始された。2014年11月の羽田~フランクフルト線(LH717/716、B747-8)に続き、2015年1月17日に羽田~ミュンヘン線(LH715/714、A340-600)でも、「プレミアムエコノミークラス」の提供が始まった。これに先立って1月15日、新プレミアムエコノミークラスのシートが公開された。従来からのエコノミークラスシートとはワンクラス違う、広いシート幅、大幅なシート間隔、調節可能な背もたれ、フットレスト装備、個別の肘掛設置などが新シートの特徴だ。2015年夏までに、中部、成田、関西~フランクフルト線にも新クラスを導入の予定。

 ルフトハンザの新プレミアムエコノミークラスシート                        

DSC00676

新シートの座り心地をアピールするベンツ日本支社長 

DSC00670 (1)

 

Related Posts

 

Comment





Comment



CAPTCHA