ニュース

Posted on 2015-05-21
羽田ニュース★羽田空港ターミナル 60 周年展を開催

空港の出発ロビーがかつて見たことのないスケールで 60 年の歴史に包まれる!
-羽田空港ターミナル 60 周年展を開催-

日本空港ビルデング株式会社(東京都大田区)は、5月20日の羽田空港旅客ターミナルビル開館60周年を記念して、羽田空港第 1旅客ターミナルビルおよび第2旅客ターミナルビルの出発ロビーを舞台に、総面積 2,165.54 ㎡、総写真点数 498 枚という
国内最大級の空港写真展を行います。
1955年の開館以来、60 年もの歴史を重ねる羽田空港旅客ターミナルビルのこれまでの活動風景を、施設の高さや広さを活かしながら見上げるようなスケールで、どなたでも無料でご覧頂けます。

施設内では、戦後間もない頃、日本に返還された東京羽田の地に、空港ターミナルを作って飛行機を飛ばすために奔走した人々の姿や数多くの挑戦を振り返るとともに、今後100周年、そしてその先に向けても「前例にはない、でも、未来にとってはきっと“ あたりまえ” のものを生み出し続けること」をテーマに展示を展開していきます。
展示スペースは、出発ロビーや周辺のエスカレーターを中心に展開しますので、搭乗されるお客さまはもちろんのこと搭乗のないお客さまでもどなたでもご覧頂くことが可能です。美術館を訪れるような気軽な気持ちで、皆さまのお越しをお待ちしています。

-羽田空港旅客ターミナルビル 60 周年展とは-
羽田空港旅客ターミナルビル開館 60 周年をきっかけとした超大型規模の写真展です。
1955年の開館当時だけでなく、1960年代、70年代、80年代、90年代、2000年代から現在までの姿を、総面積2,165.54㎡、総点数498 枚(重複有)の写真で蘇らせる、空港施設内の写真展としては国内最大規模の写真展です。今となっては世の中の記憶から消えかけているような羽田空港の姿を、日本空港ビルデング㈱等が保有するこれまでの羽田空港の写真3万点以上の中から選りすぐった、そしてこれまで非公開の写真等も含む、期間限定の特別な写真展です。総面積 2,165.54 ㎡はジャンボ機の翼(541㎡)約4機分に相当致します。

日本空港ビルデング株式会社 プレスリリースより
https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/files/whats_new/686_0520_0911.pdf

Related Posts

 

Comment





Comment



CAPTCHA