ニュース

Posted on 2015-04-09
羽田ニュース★ピーチ、8月に羽田-台北線開設

2015/4/9 日本経済新聞朝刊

国土交通省は、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが申請していた羽田空港への乗り入れを認めることを決めた。国内のLCCが羽田発着便を設けるのは初めてで、8月に台北(桃園)線の運航が始まる見通し。国交省はLCCの羽田乗り入れに慎重だったが、発着枠が余っている深夜・早朝の時間帯に限って運航を認めることにした。
ピーチが使う機材はエアバスの「A320」で座席数は180席。8月上旬から、朝5時台に出発する便を週7回運航する方向で調整している。航空運賃は大手航空会社の半額から3分の1程度になりそうだ。
LCCの羽田発着便は香港エクスプレス航空などに限られていた。観光客の利用が多いLCCは成田国際空港に集約し、ビジネス客を中心に根強い需要がある羽田空港とすみ分けを図るためだ。
ただ羽田空港では深夜・早朝の時間帯(午後11時~午前6時)に設定された1日40便分の発着枠のうち、現在使われているのは26便分にとどまっている。日本を訪れる外国人旅客を増やすうえでも、使い切っていない発着枠を活用する方が得策と判断したようだ。

Related Posts

 

Comment





Comment



CAPTCHA