ニュース

Posted on 2015-03-20
羽田ニュース★エアプサン、羽田の昼間帯に乗り入れ チャーター便で

2015/3/19日本経済新聞

韓国アシアナ航空系の格安航空会社(LCC)、エアプサンは羽田空港の昼間時間帯に乗り入れる。4月24日から週2往復で釜山へのチャーター便の運航を始め、段階的に増便する方針だ。運賃は往復2万円からと、既存の航空大手に比べ3割程度安くする。羽田を利用する旅客の選択肢が広がるほか、訪日外国人客の増加にもつながりそうだ。
国土交通省は2014年3月末に1.5倍に拡大した羽田昼間帯(午前6時から午後11時)の国際線発着枠のうち、定期便に割り振れずに余っている枠を暫定的にチャーター便に配分しており、エアプサンはこの枠をLCCとして初めて活用する。
エアプサンは週末を使って両国間を行き来する観光客の利用を想定しており、当初は金曜日の深夜に羽田に着いて土曜日の早朝に釜山に向けて出発する便と、日曜日の夕方に羽田に着いて釜山に折り返す便の週2便を運航する。

Related Posts

 

Comment





Comment



CAPTCHA