ニュース

Posted on 2015-03-07
羽田ニュース★首都高中央環状線、午後4時全通 羽田―新宿20分に

2015/3/7 日本経済新聞朝刊

東京都心を囲む形で走る首都高速中央環状線が7日、全線開通する。建設が進む3つの環状道路の中で最も内側にある。新宿から羽田空港の所要時間を40分から20分に縮めるほか、渋滞をやわらげる効果も大きい。最も外側の首都圏中央連絡自動車道(圏央道)も今年開通区間が大幅に延びる見通しで、首都圏の国際競争力向上につながる。
7日開通するのは、中央環状線の大橋ジャンクション(JCT)―大井JCTの9.4キロで総事業費は約3100億円。総延長約47キロの環状線が完成する。都心に用のない車は迂回できるようになり、首都高速道路会社の試算によれば環状線の内側の渋滞は4割減る。
新宿―羽田空港の所要時間が縮まるのを受け、空港へのリムジンバスを運行する東京空港交通(東京・中央)は4月1日、新宿―羽田、池袋―羽田の2路線のダイヤを改正する。その他の路線も交通状況を見ながら改正を検討、運行間隔の短縮や増便も視野に入れる。

Related Posts

 

Comment





Comment



CAPTCHA