ニュース

Posted on 2014-12-14
羽田ミニニュース ★エアバスA350 XWBが初来日、羽田に初飛来

エアバスの最新鋭機A350 XWB(‐900)が11月19日午後、羽田空港に初飛来した。これが初来日。機体は5機あるテスト機の1機MSN005(製造番号005、F-WWYB)で、ソウル、東京、ハノイ、バンコク、クアラルンプールを訪問するデモ飛行・アジアンツアーの一環として羽田に初飛来したもの。A350XWBはエアバス社の最新鋭ワイドボディ旅客機で、最新設計による炭素繊維複合材の胴体や主翼、燃料効率が高いロールスロイス・トレントXWBエンジンを装備しており、燃料消費を25%削減し、運航効率を大幅に向上させている。ボーイング787のライバル旅客機。日本航空がA350XWBを31機(A350-900を18機、全長が長いA350-1000を13機)を確定発注しており、2019年の導入を予定している。同機は3日間滞在し、内覧会、体験飛行などを行ない21日に次の訪問地ハノイへ向かった。

アジアンツアーへトゥルーズを出発するA350 XWB (Airbus)

アジアンツアーへトゥルーズを出発するA350 XWB (Airbus)

羽田空港に到着したA350 XWB(JAL)

羽田空港に到着したA350 XWB(JAL)

Related Posts

 

Comment





Comment



CAPTCHA