開催報告

Posted on 2021-04-06
【2021年4月4日(日)】まいまい東京主催「羽田空港歴史さんぽ」報告

4月4日(日)、まいまい東京主催「羽田空港歴史さんぽ」を行いました。
当日は風が少しありましたがさわやかな天候で、参加者19名と羽田空港の歴史を辿る「さんぽ」を楽しみました。
集合は、昨年7月にオープンした「羽田イノベーションシティ(HICity)」です。最初に屋上の「足湯スカイデッキ」で羽田空港を見渡しながら、ツアーのお題紹介と羽田空港の歴史を解説し、いよいよ「さんぽ」に出発です。
まず、モノレール「整備場駅」近くで、昭和6年の羽田空港開港当時の痕跡である「羽田カーブ」を確認して、そこから戦前のターミナルビルの場所を発見します。
その後、米軍占領期の痕跡であるT101格納庫などの跡地をめぐり、「行き止まり」の稲荷橋の不思議や昔の京急「羽田空港駅」のエピソードを紹介。そして赤鳥居、新しく整備された多摩川堤防「ソラムナード」まで来て小休止です。
そこからは日航350便慰霊碑をお参りし、第3ターミナルまで行き、シャトルバスで第1ターミナルへ。
第1ターミナルでは、まず羽田航空神社にお参りし、6階の展望デッキへ。ここで今の羽田空港を紹介し、最後に「羽田空港はなぜ日本の表玄関になったのか?」を行いツアーを振り返りました。
参加した皆さま、3時間にわたる「さんぽ」お疲れ様でした。ありがとうございました。
https://www.facebook.com/media/set/?vanity=maimaitokyo&set=a.1923366397832689

【主なコース(約5.5km)】HICity → 1.戦前のターミナルビル跡 → 2.T101格納庫跡 → 3.稲荷橋 → 4.天空橋 → 5.赤鳥居 → 6.日航350便慰霊碑 → 7.桟橋 → 8.国際線ターミナルビル(外観) → 9.第1ターミナルビル (航空神社→展望デッキ)

 

Related Posts

 

Comment





Comment



CAPTCHA