お知らせ / ニュース

Posted on 2020-10-27
【10月21日(水)~11月3日(火)】多くの方に見てほしい飛行機!YS-11/OKEGAWAhonプラス+×国立科学博物館

現在、茨城県筑西市の「ザ・ヒロサワシティ」で組立中の国立科学博物館所蔵YS-11量産初号機(JA8610)に関して、埼玉県桶川市OKEGAWAhonプラスのイベントスペースで写真パネル展示を開催しています。
本機は、運輸省航空局(当時)に納入された1965(昭和40)年より飛行検査用航空機(フライトインスペクション)として、日本全国の空港や航空施設の安全をチェックするために運用され、1998(平成10)年に退役(飛行2万時間超)。
更に本機は日本機械学会の「機械遺産」や日本航空協会の「重要航空遺産」に認定され、国立科学博物館が20年以上に渡り羽田空港内で保管した後、「ザ・ヒロサワシティ」に移設するまでの歴史をパネルで解説しています。
私たちHASMも写真を提供していますので、皆さまもぜひご覧ください!

企画:国立科学博物館 
協力:羽田空港博物館プロジェクト
日時:10月21日(水)~11月3日(火)まで
場所:3F/OKEGAWA honプラス+イベントスペース
費用:無料
お問い合わせ先:桶川市立中央図書館 048-786-6353
https://www.okegawamine.com/blank-4

Related Posts

 

Comment





Comment



CAPTCHA